「未成年」の歌詞 Aqua Timez

2006/4/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ありのままの自分じぶんせることができなかった十代じゅうだい
いつも自分じぶん他人たにんくらべてた ほんとは自分じぶんらしくありたい でも居場所いばしょがない
だから他人たにんくらべた つことだけがあいれるたったひとつの手段しゅだんだった
ひとよりすぐれていないとみとめてもらえない
行儀ぎょうぎよくしていないと大人おとなうなずいてくれない
相手あいて顔色かおいろつねうかがってうそ自分じぶんつく
らぬつくわらいだけが上手じょうずになってた
そこでにいれたのは からっぽのスカスカの一瞬いっしゅん安心感あんしんかんだけだった
しあわせなふりをするのはもうやめにしよう こころそこからおもいっわらいたいんなら
そのまえながすべきなみだがある
あのころ 俺達おれたちは たったひとつの物差ものさしで順番じゅんばんならべられた
わかってくれる大人おとなはいなかった ありのままの俺達おれたちだれてはくれなかった
そうだろう おれあいすべきとも
教科書きょうかしょ内容ないよう理解りかいできても むずかしい問題もんだいけても
なにかで一番いちばんになっても ひと気持きもちをわかろうとしなければ
人間にんげんはただかなしい動物どうぶつになってしまう
きちんといのなかで ぶつかりいのなか
ひとつめたさをるんだ ぬくもりをかんじるんだ そして 気付きづくんだ

ありのままの自分じぶんひと素晴すばらしさを
ありのままの自分じぶんひと素晴すばらしさを
ありのままの自分じぶんひとあいする素晴すばらしさを