「決意の朝に」の歌詞 Aqua Timez

2006/7/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
どうせならもう ヘタクソなゆめえがいていこうよ
どうせならもう ヘタクソであかるく愉快ゆかいあいのあるゆめ
気取きどんなくていい かっこつけないほうがおまえらしいよ」

一生懸命いっしょうけんめいになればなるほど 空回からまわりしてしまうぼくらの旅路たびじ
小学生しょうがくせいあし一緒いっしょちゃう行進こうしんみたい
それもまたいいんじゃない? きてゆくことなんてさ
きっと ひとわらわれるくらいがちょうどいいんだよ

こころおくおく めてた本当ほんとうぼく 生身なまみ36度5分さんじゅうろくどごぶ かざらずにいざweウィー don'tドント stopストップ
けどまだつよがってるんだよ まだバリアをってるんだよ いたみとたたかってるんだよ

つらとき つらいとえたらいいのになぁ 僕達ぼくたちつよがってわら弱虫よわむし
さびしいのに平気へいきりをしているのは くずちてしまいそうな自分じぶんまもるためなのさ
ぼくだけじゃないはずさ のないこの気持きもちを 居場所いばしょのないこの孤独こどく
かかえているのは…

他人ひといたみには無関心むかんしん そのくせ自分じぶんこととなると不安ふあんになって
人間ひときらって 不幸ふこうなのは自分じぶんだけっておもったり
あたえられないことをただなげいて 三歳児さんさいじのようにわめいて
あいというのおやつをすわってってるぼく
アスファルトのかえしにもけずに 自分じぶんあしあるいてく人達ひとたちおもった
うごかせるあしがあるなら かいたい場所ばしょがあるなら このあしあるいてゆこう

もう二度にどとほんとの笑顔えがおもどすこと できないかもしれないとおもよるもあったけど
大切たいせつ人達ひとたちあたたかさにささえられ もう一度信いちどしんじてみようかなとおもいました

つらとき つらいとえたらいいのになぁ 僕達ぼくたちつよがってわら弱虫よわむし
さびしいのに平気へいきりをしているのは くずちてしまいそうな自分じぶんまもるためだけど
あやまちも傷跡きずあと途方とほうれ べそかいたぼくぼくとしてきてきたあかしにして
どうせなら これからはいっそだれよりも おもりヘタクソなゆめえがいてゆこう
わけ片付かたづけて 堂々どうどうむね自分じぶんという人間にんげんうたつづけよう