1. 自転車歌詞

「自転車」の歌詞 Aqua Timez

2006/4/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
それはよくれた午後ごごひろ芝生しばふのある公園こうえん
しろいペンキのられたベンチにすわりながら
あなたはとおくをながめて「しあわせはどこまでつづくの?」とつぶやいて まばたきのなかなみだめた

明日あしたのことは ぼくおしえてあげられない まして十年後じゅうねんご二人ふたりのことは
ぼくらがきられるのは いまこの瞬間しゅんかんだけ だから永遠えいえん放棄ほうきして いまあなたをきしめる

はしはしぼく自転車じてんしゃ あなたをせて どこまでも
ゆめゆめわらないように 「運命うんめい」のせいにしないように
青空あおぞらした 花咲はなさおかぼくすすはじめた

ぼくこころ あなたのこころ むすいとをギターのように
いてらしたら どんなメロディーができるかな
しっかりとつなぎながら たのしいきょくつくってゆこう
けっしてうつくしい音色ねいろでなくたっていいさ

はじまりにはかならわりがおとずれる いたはなは いつのるだろう
だけど ぼくらはかなしいうたうたうためだけに このまれてきたわけじゃないはずだから

はしはしぼく自転車じてんしゃ あなたをせて どこまでも
ぼくらなりに えがいたゆめだれかにとって ばかみたいでも
ぼくらのゆめぼくらにとって かがや真実しんじつなのです

はしはしぼく自転車じてんしゃ あなたをせて どこまでも
たとえ 辿たどくその場所ばしょかなしいあめつづけても
ぼくがあなたを ちからかぎくし まもってみせる