「虹」の歌詞 Aqua Timez

2008/5/8 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
大丈夫だいじょうぶだよ 見上みあげれば もう
大丈夫だいじょうぶほら 七色なないろはし
やっとおなそらしたわらえるね

靴紐くつひもむすびなおすとき かぜぼくらの背中せなか
そらがこぼしたひかりこうに あのユメのつづきをえがこう
左胸ひだりむねおく高鳴たかな期待きたい不安ふあんみゃく
本当ほんとう大丈夫だいじょうぶかな すべえてゆけるかな

大丈夫だいじょうぶだよ 見上みあげれば もう
大丈夫だいじょうぶほら 七色なないろはし
なみだながしきると そらかる
ねぇえるでしょ はるか彼方かなた
ぼくにもえる きみおなじの
ふたつのそらが いまひとつになる
やっとおなそらしたわらえるね

別々べつべつそらってまれた 記憶きおくうつそら
きみにはきみ物語ものがたりがあり ぼくらないなみだがある
もしかしたらぼくわらころきみいてたのかもしれない
たようなよろこびはあるけれど おなかなしみはきっとない

約束やくそく」で未来みらい縁取ふちどり コトバでかざけをする
きみたしかな明日あすを きっと だれより しがってた

めぐ季節きせつのひとつのように
かなしいときかなしいままに
しあわせになることを いそがないで
大丈夫だいじょうぶだよ ここにいるから
大丈夫だいじょうぶだよ どこにもいかない
またはしとききみといっしょ

なみだのない世界せかいにも そのはしかりますか?」
かべきざまれた落書らくがきは ダレカのによくてた
かなしみをとおざけることで きみはしけようとした
けれど いま かさてて をつぶる

だいじょうぶ

大丈夫だいじょうぶだよ 見上みあげればもう
大丈夫だいじょうぶほら 七色なないろはし
なみだながえたきみそら
ねぇえるでしょ 色鮮いろあざやかに
ぼくにもえる きみおなじの
きずなというにじかったね
そして
ふたつのそらがやっと やっと ひとつになって
ぼくらをはしらせるんだ