1. 青い空歌詞

「青い空」の歌詞 Aqua Timez

2005/8/24 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
夕陽ゆうひまちをオレンジにめてうながした溜息ためいき
かぜひと未来みらいがした ひとかぜかなしみをかくした
つらときほど わらおうとするかなしいくらい前向まえむきな動物どうぶつ 今日きょう人間にんげん 希望きぼう夢中遊泳むちゅうゆうえい
うちつよ意思いしちなさい えぬおおきさをちなさい
容易たやすほほらしてはいけない そうおしえられてきた
ただ本気ほんきたたか本気ほんききたとき どうしようもなくこぼれるものを じる必要ひつようはないとも
ぐにゆめつづけたり ぐにひときになると ときつらいな すわればころばないな
それでも それぞれが独自どくじよろこびとかなしみの隙間すきまきながらわらたおれながらある
自分じぶんであることをいつかほこれるように 今日きょうむねるんだ

とき確実かくじつながぼくらを大人おとなにした 出会であいというよりはわかれがひと大人おとなにした
まなびはいつもおくれてやってきてひとそだてる
ひとわれる わろうとするためにあめあゆみをすすめる
ときよるはどこまでもふかあるいているのにまえすすめないような
ひとのこされるような気持きもちになるけど
どんなにつよひとでも きっとおなじように 絶望ぜつぼう希望きぼうかえしてきるんだ

ひとなんてみんな
あおすぎるうみたかすぎるそらこころうつして 彷徨さまようように
言葉ことばかしたり なみだながしたり よろこびをさがしたりしてきてる

日向ひなたゆめらかして ひかりんでゆめつづきをふくらました
そんな風船ふうせんだれもがっている そらかべたくて でもそらしずめたくなくて
現実げんじつ」っていう世界せかいけそうになる それでもなんとかまえころがる
生物せいぶつ永遠えいえんっていう退屈たいくつあたえられなかった
だからこそおもいきりきることができるんだろうな
つよひとつではなく やさしさひとつでもなく
いろんな自分じぶん出会であかぎられたときなかころがっていくんだ

ひとなんてのは
あおすぎるうみたかすぎるそらこころうつして 彷徨さまようように
言葉ことばかしたり なみだながしたり よろこびをさがしたりしてきて・・・
あおすぎるうみたかすぎるそら未来みらいかべて いのるように
明日あすかい なみだかぜなかをただすすめばいい

ひとつのおもかぞれぬ
かた風景ふうけい 沈黙ちんもく影絵かげえ
ひとつの出会であ永久とわ宿題しゅくだい
しずかなうみ しずかなそら
それをながめる人間にんげん