「静かな恋の物語」の歌詞 Aqua Timez

2006/4/5 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
こころ水面すいめん言葉ことばかべてながめる
かさねたまま 沈黙ちんもくかた二人ふたり空間くうかん
自然しぜんほほつたせつなさの真実ほんとう なみだひかりいかけるおと
存在そんざいつむぎぎあい 縦糸たていと横糸よこいと物語ものがたり

大切たいせつひと大切たいせつにするということ そのひとそらあおくしたいとおもうこと
自分じぶん気持きもちをカムフラージュしながら はなばなれのころおくった手紙てがみ

運命うんめいこいってきましたか?まだあめれていますか?ただあめれていたいだけなんですか?」
言葉ことばかくすほどこえはだかになる あなたは さびしくなんかないとったね

夕焼ゆうやけのオレンジがぼく部屋へやのカーテンに
にぎかえしてくれるとおまちそらしたにある
さびしさはこのむねなかにあって せつない二酸化炭素にさんかたんそをつくる
ためいきというちゅうときながれのなかけてく

しあわせな空想くうそういたままねむよる あなたはだれおもだれゆめるの?
えない時間じかんぼくらを何処どこれてくんだろう わらないものがない この世界せかい

今日きょうの「絶対ぜったい」が明日あすなんになる はしってくひかり見届みとどけるのはぼくほうなんだろうな
それでもいいとおもってきになったから あなたは ちがだれかのむねねむってもいいよ

きることなくあふれるおもいにも いつかわりがるんだろう それならば この一瞬いっしゅん永遠えいえんぼう
このときをたくさんの記憶きおくかざろう えずながれてく真実しんじつなか
こころそこにまでもぐっててくれるこえがある それはゆっくりちかづいてぼく孤独こどくきしめる
あなたがそばにいてくれたらって そばにいて わらってくれたらって・・・