「GRAVITY 0」の歌詞 STAR DRIVER 輝きのタクト OP Aqua Timez

2010/10/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
イカロスのような 無垢むく勇気ゆうきくして いま きてるぼく
それなりの日々ひびを それなりに ただごして はてなをにぎりしめてる

こたえをさがすと 迷路めいろになる
こたえが此処ここにあるとれば すべてがあたらしい音色ねいろになる

このかぜこうに たしかなかがやきがあるはずさ そうしんじて
そのなみだはきっと いつかかわくはずさ
いまはまだむずかしくても いまとおえても
わずかな微笑ほほえみだけでいい かぜって いきらして はしってくんだよ

おそれることはない きみのその暗闇くらやみ段々だんだん れてゆくよ
をつけるべきは きみのそのまぶしさにすら れてしまうこと

写真しゃしんうつった林檎りんごならば 呼吸こきゅうをすることなく
あか永遠えいえんわかつづける

だれあいさない そうめていたのに 不意ふいむねが ときめいたり
大丈夫だいじょうぶって だいじょばないことを
かかえきれず なみだえてきた

めない ゆめなか過去かこさえも 未来みらいさえも
えようとした めることが こわくて じた

ぼく両腕りょううで昨日きのうのあなたを きしめることはできず
ぼくくちびる明日あしたのあなたにキスを することもできないけど
かぜって あなたのをとって 今日いまをただけて
夕暮ゆうぐれのこうで ほしきだしたら やさしいうた 二人ふたりうたおう
いまはまだ ちいさなこえでいい こえにならなくてもいいよ
きみぼくくちびるうたつなごう