「いつかのメリークリスマス」の歌詞 B'z

1992/12/9 リリース
作詞
稲葉浩志
作曲
松本孝弘
文字サイズ
よみがな
hidden
ゆっくりと12月じゅうにがつのあかりがともりはじめ
あわただしくおどまちだれもがきになる

ぼくはし閉店へいてんまぎわ きみしがった椅子いすった
荷物抱にもつかか電車でんしゃのなか ひとりでしあわせだった

いつまでも をつないでいられるようながしていた
なにもかもがきらめいて がむしゃらにゆめいかけた
よろこびもかなしみも全部ぜんぶ かちあうがくること
おもって微笑ほほえみあっている 色褪いろあせたいつかのメリークリスマス

うたいながら線路沿せんろぞいを うちへとすこいそいだ
ドアをけたきみはいそがしく 夕食ゆうしょくつくっていた

ほこらしげにプレゼントみせると きみこころからよろこんで
そのかおぼくもまた素直すなおきみきしめた

いつまでも をつないでいられるようながしていた
なにもかもがきらめいて がむしゃらにゆめいかけた
きみが いなくなることを はじめてこわいとおもった
ひとあいするということに がついたいつかのメリークリスマス

部屋へやめるろうそくのながら はなれることはないと
ったあときゅうぼく何故なぜだかわからずいた

いつまでも をつないでいられるようながしていた
なにもかもがきらめいて がむしゃらにゆめいかけた
きみがいなくなることを はじめてこわいとおもった
ひとあいするということに がついたいつかのメリークリスマス

まってるぼくのそばを だれかが足早あしばや
とおぎる 荷物にもつかかしあわせそうなかお