1. 恋じゃなくなる日歌詞

「恋じゃなくなる日」の歌詞 B'z

1992/12/9 リリース
作詞
稲葉浩志
作曲
松本孝弘
文字サイズ
よみがな
hidden
ふゆ海辺うみべをあてもなくあるいて 二人ふたり貝殻集かいがらあつめて
ひともまばらなはしうえのベンチで いつまでも波音なみおといている

いたいことが からだのおく渦巻うずまいてるけど
言葉ことばにできないそのことに いまはいらだつこともないよ

うつむくしぐさに孤独こどくつかれがえても なにもできなかった
ひきずることでもはなすことでもない くもった気持きもちをおさえてる

むかしによく日々ひびつづいている ワインをみながらおどって
きみ部屋へやのソファーにもすわった でもけっしてむかしおなじじゃない

ほんのすこはなれてあるきずつかないように
ほんのすこ口数くちかずらしてる 大事だいじなものなくさないように

つめたいかぜぼくらをちかづける くすぶるおも見透みすかすように
つよ戸惑とまどいを意味いみのない笑顔えがおにすりかえてまた戸惑とまど
ちいさな貝殻かいがらにひとつずついて おもいでをすなめてゆく
とおくでひびいてるかねなにかのおわりとはじまりをげている

こいというかたちのためにこわれるものがあること
っているのにいたくなるのは こいだから あいだからそれとも

ぼくらがってるゆめ本当ほんとうおなじものかもしれないけど
こいはいらないとつぶやくぼくは ただのひとりよがりだろう
真夜中まよなか 舗道ほどう突然とつぜんそのうでんできたきみはとても綺麗きれい
そのままぼくはじっとそら見上みあげてる こいじゃなくなったそら