「月光」の歌詞 B'z

1992/10/28 リリース
作詞
稲葉浩志
作曲
松本孝弘
文字サイズ
よみがな
hidden
ねむりに おちてゆく その横顔よこがお
むさぼるようにつめ
むねひびさとられぬよう
あおまる部屋へやした

すべてをぬすみたい かすかにれるいきまで
なのに いつかははなれてくとおとこつぶやいている

なにかを期待きたいすることで ときにすれちがうけれど
無心むしんあたえあいつづけることは ゆめ道端みちばたはなのようだ
だれにできることなのだろう

ひとつのおもいだけをつらぬこうと すればするほど
あいとはほどとおちからはげしくさぶられる

なみのうねりのような 正直しょうじきなわがままを
もっとぶつけてくれ ごまかしはしない
あなたをめよう

Wowワオ
とぎれたうすくもまえをまた横切よこぎれば
ひそかにもおおきな決心けっしん今夜こんやも ぼやけてゆく

やみなかからやわらかにつきらしつづける
すこしづつずれながらも 手探てさぐりであるこころ