「紅い陽炎」の歌詞 B'z

1992/10/28 リリース
作詞
稲葉浩志
作曲
松本孝弘
文字サイズ
よみがな
hidden
かわきかけたこころ
ちいさな ひびひとつ
たがいのそれを
った なつ
えゆく季節きせつに ふたり
さからうように ほのおんで
めるほどきみ
えてしまいそうで
戸惑とまどいのなか あつ
みだばたいた
きみむかし ぼくのいま
これから… なにささや
ることの
いたみもいくつかったよ
よるえるたびに
ふたり ただのおとこおんな
なにもかもゆるえば
またまよいはじめる
言葉ことばとぎれても いま
そばにいよう(Ahアー)
ひとみたい
くろかみくちづけたい
かくしきれないおもいが
とめどなくあふれる
このままか これ以上いじょう
あいかたち なにしい
きずつくのは かまわない…
いつまでもきずつけない
つよかれてゆくほどに
ねむれぬつづ
はだれたい
きみ気配けはいかんじたい
雑踏ざっとうなか
そのさけびたい Yeahイエー
むねがしつづける
情熱じょうねつふち
力尽ちからつきるまで おど
あか陽炎かげろう