1. 野生のENERGY歌詞

「野生のENERGY」の歌詞 B'z

2003/7/16 リリース
作詞
KOSHI INABA
作曲
TAK MATSUMOTO
文字サイズ
よみがな
hidden
体中からだじゅう ちあふれる 野生やせいENERGYエナジー たぎらせていま はな
奇蹟きせきがおこる もうひとりじゃない

なにやっても おどろくほど まわりについてゆけず
夢中むちゅうになれるものをつけても たたきのめされる

それでいいとおもってた それが普通ふつうだった
出口でぐちがみつからないまま あるくのをやめる

七色なないろれてくる ひかりをさがし いつまでも そらている
どこからかあおとり んでくること おもいながらまどけてる
なにもこらない たったひとりだった

些細ささい事情じじょうながされるまま いつしか まち
だれかにのぞまれることもなけりゃ のぞむこともわす

ずっとたいらな人生じんせい そのまっただなか
青天せいてんのイナズマのように きみがあらわれる

体中からだじゅう ちあふれる 野生やせいENERGYエナジー たぎらせていま はな
まよわずに そのままで ゆけばいいんだと きみぼくおしえてくれた
奇蹟きせきがおこる もうひとりじゃない

体中からだじゅう ちあふれる 野生やせいENERGYエナジー たぎらせていま はな
ちっぽけな世界せかいくるしむことはない がらくたにまるドアをひら
奇蹟きせきこる もうひとりじゃない
まよわずに そのままで ゆけばいいんだと きみぼくおしえてくれた
さあてゆこう もうひとりじゃない