「FIREBALL」の歌詞 B'z

1997/3/5 リリース
作詞
稲葉浩志
作曲
松本孝弘
文字サイズ
よみがな
hidden
夜明よあけまでつづきそうな おしゃべりに あたまれそうで
ぼくようとしない きみにこえをかけるスキはない

相手あいてながれに されてる
ぼくいのち風前ふうぜんともしび Yeah!

しりにしかれっぱなし ぶとんのようなこころからだ
この形勢けいせい逆転ぎゃくてんしたいと からまわりして びんぼうゆすり

がんじがらめかといえば そうでもない
ひまだらけの ちょっとむなしいかん

裏切うらぎられても コケても アレちょんられても
いじめられても たたかれても しぶとくきたい
どんな高級こうきゅうセラピーも あてになんない時代じだいに あとなにがある

たましいをつけろ まっさおに こおりついちゃうまえ
Myマイ soulソウル isイズ flyinフライイン' likeライク a fireballファイアボール
クズのような まよいもはいになれ
んでゆける そらやしながら
ゆめのもとへ そして自分じぶんのもとへ

だれにも よりかからないで やっていくことは
信用しんようするなとか 友情ゆうじょうすてろってことじゃなくて
クジがはずれても ねちねちグチらず まえにすすめるかどうかだろう

たましいをつけろ まっさおに こおりついちゃうまえ
をとじ みみをすまして
快感かいかんのしっぽをつかんだなら
一気いっきてんまでとどくようなこえをあげて
どんな国境こっきょう自由じゆうえてしまえ

Youユー knowノウ myマイ soulソウル isイズ flyinフライイン' likeライク a fireballファイアボール
いいかげんな情熱じょうねつはいになれ
どうでもいい信念しんねんはいになれ
んでゆける そらやしながら
ゆめのもとへ そして自分じぶんのもとへ…