1. Shower歌詞

「Shower」の歌詞 B'z

1997/11/19 リリース
作詞
稲葉浩志
作曲
松本孝弘
文字サイズ
よみがな
hidden
海沿うみぞいの球場きゅうじょう
見下みおろせば
しろくけむり ひとえて
こうのほうそら
いぬのように
ひくくうなるかみなり
めてがつけば
ずいぶんととおくまで
きてしまったがするよ
この部屋へやきみはいない
どうしてひとだれ
はなれてゆくのだろう
おしえておくれ
後悔こうかいはぬるいあめとともに
つちにかえり また
はなかすだろう
アスファルトは銀色ぎんいろひか
クツをいで
あるいてれば
やさしくぼくしかりながら
ちいさなつぶがふりそそぐ
時間じかんがね できたらね
もう一度会いちどあいたいと
ウソじゃなくかんじてた
でもぼくはおそかった
どうしてひとはいつか
大事だいじなこと
わすれるんだろう
おしえておくれ
こんな気持きもちのままで
いつまでこのまち
ちつくせばいいの

ほっとするような微笑ほほえみを
こころつつみこむ
うみのような言葉ことば
もっとあげればよかった
他人ひといたみなど
らずにきていた
どうしてひとはいつか
はかなく
えてゆくんだろう
おしえておくれ
いのち夕陽ゆうひかれ
えながら 旅立たびだ
また だれかをらすよ