1. 夏の花火歌詞

「夏の花火」の歌詞 BEGIN

2008/7/23 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
かぜいて なみちて
琥珀色こはくいろかがや

防波堤ぼうはていに いくつもの
まるで映画えいがのフイルムのように

わかっていても きしめられたら
このままときめられるがして
えられるがしてたのに

まばたひとつでなみだ こぼれちたらめてく
水平線すいへいせんより とおくをつめないで

なつ花火はなびいた 落書らくがきみたいなこい
波間なみまただよ夜空よぞらえた サヨナラ

うみきなら 酸素さんそボンベは
必要ひつようないだろう あいつのみせ

さけって つづけたのは
きみ何処どこへも かせないように

わかってほしい せめて今夜こんやだけ
うみよりふかあいしてるがして
せるがしてたのに

二人出会ふたりであったころながれたうたがさえぎる
つめったまま かなしく微笑ほほえまないで

なつ花火はなびいた 落書らくがきみたいなこい
波間なみまただよ夜空よぞらえた サヨナラ