「Concrete Rose」の歌詞 BENI

2013/7/31 リリース
作詞
BENI,Shoko Fujibayashi
作曲
Hirofumi Asamoto
文字サイズ
よみがな
hidden
ひろまち片隅かたすみ
ちいさな隙間すきま
孤独こどくいてる
彼女かのじょはまるで Concrete Rose
うつくしいはなほど
こわれやすいもの

しんじればしんじるほど
うしなったときはいつも
さびしさ ふかくなるから

だれかのかたにもたれず
だれつかまず
やさしさ そのうらてた

つよがるほどに かわいてしまう
こころってるのは
たったひとしずく
すべてゆるしてくれる
まだあいなみだ

まち片隅かたすみ
ちいさな隙間すきま
孤独こどくいてる
彼女かのじょはまるで Concrete Rose
そのとげ自分じぶん
きずつくとらず

あまえたらキリがないし
よわさもせたくもない
いつでも わらってみせた

あきらめそうなときでも
いてしまいたいとき
大丈夫だいじょうぶ口癖くちぐせになった
透明とうめいはこ おさないままの
臆病おくびょう自分じぶんかくして
まもっているよう
だれかにこわされるの
どこかでつの いま

まち片隅かたすみ
見上みあつづけてる
あおぎるそら
彼女かのじょはまるで Concrete Rose
いつかそらいだかれる
ゆめているの

Don't judge me
そうやってめつけないで
本音ほんねは misunderstood
灰色はいいろまった
こころおくまでうるおあいしい いま

まち片隅かたすみ
ちいさな隙間すきま
孤独こどくいてる
彼女かのじょはまるで Concrete Rose
うつくしいはなほど
こわれやすいもの