1. カーテンコール歌詞

「カーテンコール」の歌詞 BITE THE LUNG

2006/10/18 リリース
作詞
遠藤満
作曲
遠藤満
文字サイズ
よみがな
hidden
12人じゅうににんしかいないやす芝居小屋しばいこや役者やくしゃあせをかいて必死ひっしえんじてる
何度なんどもかみながら何度なんどもやりなお照明しょうめいなんてない くら舞台ぶたい

退屈たいくつそうなきゃくはやわらないか』催促さいそくしている冷酷れいこく視線しせん
それでもやつをそらさずに誠心誠意せいしんせいい演技えんぎ
つきひとつで存在そんざい放棄ほうきなんてしたくない だれにもうばわれたくない

『いつかはそこにある階段かいだんのぼって、完璧かんぺき姿すがたきていきたいんだ!
たくさんの余裕よゆうって…』

やくになりきろうと台詞せりふ丸暗記まるあんき かみばして必死ひっしになりきった
ひとあたりがわるやつなのでだれともくちをきかずに ふさがってばかりいたら
大事だいじひとはなれていってもづけなかった

客観的きゃかんてきにみて価値かちはないけれども、ぼく存在そんざいする理由りゆうがそこにあり
そこでしか意味いみをなさないから』

『やがて視界しかいをさえぎっていくまくを ずっと見届みとどけてすべてがわって
カラの客席きゃくせきにおりてみた なんだかそこにあったものがこわくて仕方しかたがなかった
現実げんじつゆめをはっきり区切くぎってたようながしたんだ』
そしてやつはひとりきりでカーテンコールをする

そこからえたものは等身とうしん自分じぶん なにもない景色けしき 見守みまもっていたのは13人目じゅうさんにんめきゃく
はなれていった大事だいじひと
ゆめせるのがぼくきがいだよ ゆめあたえてきみといたかった
余裕よゆうをもつためにやく没頭ぼっとうして カーテンコールまでやっと辿たどりついた
でも一人ひとりになってはじめてづいたよ 存在そんざいだけなのにやたらと不自然ふしぜんだ』

かげひかりになって あたりをらして カーテンはりた