「クリスマスと黒いブーツ」の歌詞 BLANKEY JET CITY

1992/1/22 リリース
作詞
KENICHI ASAI
作曲
KENICHI ASAI
文字サイズ
よみがな
hidden
茶色ちゃいろひとみおくにあるくろいところで ぼくきみかおてるんだ
ゆっくりしずかにあしひろげてゆくのは 一体いったいどうしてなんだい?
ぼくわってなんかいない きみわっただけさ

こおりった水溜みずたまりを あしりながらあるいたときから
おもってたんだ いつかるだろう いまことを こんな気持きもちになること
すべてはわりぎていくけど ぼくはずっとわりはしない

太陽たいようとか 冒険ぼうけんとか クリスマスとか くろいブーツが
子供こどもときから ただ単純たんじゅんに ただ単純たんじゅんきなだけさ きなだけさ

とおったこころとしともえてなくなり
残酷ざんこく出来事できごと感覚かんかくにぶはじめて
ゆがんだこの世界せかいまっちまったらおしまいだぜ

太陽たいようとか 冒険ぼうけんとか クリスマスとか くろいブーツが
子供こどもときから ただ単純たんじゅんに ただ単純たんじゅんきなだけさ きなだけさ

太陽たいようとか 冒険ぼうけんとか クリスマスとか くろいブーツが
子供こどもときから ただ単純たんじゅんに ただ単純たんじゅんきなだけさ きなだけさ