「ヴァニラ」の歌詞 BLANKEY JET CITY

1993/2/24 リリース
作詞
KENICHI ASAI
作曲
TATHUYA NAKAMURA
文字サイズ
よみがな
hidden
薄目うすめけてていた
あのむね股間こかんてて じた
そして ゆっくり両手りょうてうごかしはじめた ちいさなこえをたてはじめて
ていられなくなったオレは いき仕方しかたわすれる
情熱じょうねつだけのおんな 未来みらいことなんて ひとかけらもあたまなかにない
さそわれれば だれにでもついてくようなおんな
刺激的しげきてきな その名前なまえは ヴァニラ
何処どこかに くらやみかくれているようなこえで オレにはなしかける

今度こんど火曜日かようびがきたら指先ゆびさきがなくなる」

ロックンロールにわせて ゆびらしたりなんかしない
いつも2階にかいまどから とおりを人違ひとたち見降みおろすようなつきで オレにはなしかける

今度こんど火曜日かようびがきたら指先ゆびさきがなくなる」
それまでは何度なんどでも このピアノをことができる」

ヴァニラ oh ヴァニラ ピアノなんて何処どこにもありはしないよ
ヴァニラ oh ヴァニラ ピアノなんて何処どこにもありはしないよ
ヴァニラ oh ヴァニラ ピアノなんて何処どこにもありはしないよ
ヴァニラ oh ヴァニラ ピアノなんて何処どこにもありはしないよ
ヴァニラ