「円を描く時」の歌詞 BLANKEY JET CITY

1994/5/25 リリース
作詞
浅井健一
作曲
照井利幸,浅井健一
文字サイズ
よみがな
hidden
海賊かいぞくあたまに バンダナをきつけ
はだかでさけんだ 皆殺みなごろしにしろと

飛行機乗ひこうきのりはちてゆく 仲間なかま姿すがた
こめかみでかんじながら 逆流りゅうけつする
あじ予測よそくしている すすんだやつがやってきて ぼく
こしうできつけた よごれた真珠しんじゅのようなひとみ

悲鳴ひめいげる おんな足首あしくびほど
純粋じゅんすいなものは ないさ最後さいごまで

めぐまれない大人おとなたちが そら見上みあげて
ぼく路上ろじょうに つばをきすてた
水色みずいろもりなか水色みずいろはなていたら
ぼくこころはとけはじめ 火薬かやくのにおいに わってゆくだろう

おおきなほのおげて えあがるくるまぼくている
とてもかなしそうなで そのまえ裸足はだし子供こどもたちが
たたいてあそんでる もっとつよがれと
ぼくはあわてて んなにうだろう はやかれたすそうと