「鉄の月」の歌詞 BLANKEY JET CITY

1993/12/1 リリース
作詞
KENICHI ASAI
作曲
KENICHI ASAI
文字サイズ
よみがな
hidden
戦場せんじょうきたいアミアゲのブーツをいて
かわのサイフには恋人こいびと写真しゃしん
うでずみれて
らないくにらないだれかをころすために
きっとぼくはためらったりはしない
落葉おちばんで もりおくへと
ねらいをつけてじゅうちまくる
ぼくはただころつづける
しんじられないだろう
こんなはなし
なんてちいさなときからずっとわらないままさ
もちろん世界中せかいじゅうがしあわせになれればいいけど
どうやら僕達ぼくたちぎた
はげしい銃声じゅうせいしたなにおも
だれかの悲鳴ひめいいたとき
なにかんじる

きれいなをしたおんなひとぼくまえかぜかれてる
そでなしのシャツにほそくてしろうで
くろかみかぜになびかせて
そのしろかおれてみたいけど
ぼくはとてもけがれているから
きれいなをしたあなたでさえも
はかない季節きせつ太陽たいようえる

戦場せんじょうきたいアミアゲのブーツをいてかわのサイフには恋人こいびと写真しゃしん
うでずみれて
らないくにのしらないだれかをころためにきっとぼくはためらったりはしない
落葉おちばんで もりおくへと

きれいなをしたおんなひとぼくまえかぜかれてる
そでなしのシャツにほそくてしろうで
くろかみかぜになびかせて
そのしろかおれてみたいけど
ぼくはとてもけがれているから
きれいなをしたあなたでさえも
はかない季節きせつ太陽たいようえる