「風になるまで」の歌詞 BLANKEY JET CITY

1994/5/25 リリース
作詞
浅井健一
作曲
浅井健一
文字サイズ
よみがな
hidden
キスしてくれないか ぼくのこのナイフに
かれはきっとうれしくて体中からだじゅうふるえ
これが最後さいごさもう二度にどとうこともない
ぼくはこのまちてゆくのさ
なにもかもりにして
たえまなくながれてる
くるまいろをずっとつづけてるきみ
つめたいガラスにえるよ
それはきっといいことだろう
流線形りゅうせんけいぼく気持きもちちは
おともたてずにあふちる みずのようさ
れからもあいされずに 夕暮ゆうぐれなかあるいてく
くろいシャツにうつった
きれいなオレンヂいろのように

だれらないくに海沿うみぞいのまちへと
きみあいしたこのあおそらって
ちいさなえきりるとそこには
しろ街並まちなみなつあさ
ぼく荷物にもつをかかえて
はじめてのさかりてゆく
れからもあいされずに らない世界せかいなか
なにきたってかまわない
いつのかぜになるまで
ふるえる心打こころうして
くだけちる日差ひざししのなか
いつでもむねおく
あかるいひかりいて
キスしてくれないか
ぼくのこのナイフに
かれはきっとうれしくて
体中からだじゅうふるえ