「15才」の歌詞 BLANKEY JET CITY

1995/11/22 リリース
作詞
浅井健一
作曲
照井利幸,浅井健一
文字サイズ
よみがな
hidden
15才じゅうごさい家出いえでして 彼女かのじょかれったのさ
ギターケースにすわり クリームいろのバスをってたとき
よるはきれいなほしをたくさんれてる
神様かみさまちいさなカギをさがしてる最中さいちゅう

大人おとなたちはきっとみんなくるっているんだろう
とおくのほうでカミナリがひかるのがえたよ
よるこわいのなら こころひらいて
すべてをこわしてあげるから きみのために
ソーダすいつぶのように たのしそうな日々ひびながれる

ビードロのジャケットを浮浪者ふろうしゃがやってきて
きれいなみずうみへのみちたずねられたとき
ぼくかれ煙草たばこをすすめたのだけれど
くちがないからえないってかれ

なつひかりはきれい 彼女かのじょはそのなかあそびたがり
妖精ようせいはなしをくのがとてもきで
やがて太陽たいようしず沈黙ちんもくおとず
あかいリンゴを二人ふたりでかじってる
ソーダすいつぶのように たのしそうな日々ひびながれる

いつかいまのことがなつかしくかんじるのかもしれないね
ぼく大好だいすきなレコードに ゆっくりとはりがおりてゆく

ソーダすいつぶのように たのしそうな日々ひびながれる
かつてひとはみんな 無邪気むじゃき子供こどもだったよ