「RED-RUM(夢見るBell Boy)」の歌詞 BLANKEY JET CITY

1993/2/24 リリース
作詞
KENICHI ASAI
作曲
KENICHI ASAI
文字サイズ
よみがな
hidden
両手りょうて荷物にもつを いっぱいかかえた Bell Boy
エレベーターのなかゆめ
なみなみとMilkをそそいだコーヒーカップ そっとって Room Service
ドアをければ 部屋へやなか
TVをている タイツをいた 悪魔あくまのしっぽがうごつづけてる

両手りょうて荷物にもつを いっぱいかかえた Bell Boy
エレベーターのなかゆめ
がくらむほど うつくしいおんな耳元みみもとささやいた
いますぐ あなたの そのあついローストチキンを
わたし部屋へやまで とどけていただけるかしらと
たくましそうなおとここえささやいた

Hey Bell Boy

「RED-RUM」

両手りょうて荷物にもつを いっぱいかかえた Bell Boy
エレベーターのなかゆめ
ドロドロにとろけたピンクのプラスチック
そいつをイッキにして んだエレベーター
ねがいだ ぶっんでくれよ そらがれちまうほど
ねがいだ ぶっんでくれよ オレのジェットコースター
しんじじられないほどの スピードで ぼくれてってくれないか
しろけむりして
ねがいだ ぶっんでくれよ オレのジェットコースター

Ah Bell Boy