「16」の歌詞 BOOWY

1985/6/1 リリース
作詞
氷室京介
作曲
氷室京介
文字サイズ
よみがな
hidden
いつも No body
so みみをふさいで
なにもかもにつばを
ぐれてまち
とばしつづけてた
こころべつ
はれやしないけど
Lonely time
but just alive
つかれきってた あのころ

ありったけの
かねをにぎりしめ
どろだらけの
くつでした
つめたいレールに
みみをあてて
都会とかいのノイズたしかめていた
いつかの James dean
みたいに
さきなんて
めてないけど
だれもない
カラッポのイスで
新聞しんぶんにくるまってゆめ
そうさこのまま
なにもできないで
としをとって
ゆくのは ゴメンサ
こころがすりきれてゆくまえ
(Ah! ah! ah! ah! ah!)
(Ah! ah! ah! ah! ah!)
Good-by far a way
no train
Midnight の
列車れっしゃは no return
あさってへ心走こころはしらせて
(Ah! ah! ah! ah! ah!)
(Ah! ah! ah! ah! ah!)
えきってふるえるかた
とめるよう
無理矢理むりやり きよせて
約束やくそくどおり Baby
くるなんて
オマエも
やっぱり 馬鹿ばかやつ
いつでもなにかに
おびえながら
そしてなにもかもがからまわ
ぬくもりから
はじかれた二人ふたり
午前3時ごぜんさんじやみけていく
そうさこのまま
なにもできないで
としをとって
ゆくのは ゴメンサ
こころがすりきれてゆくまえ
(Ah! ah! ah! ah! ah!)
(Ah! ah! ah! ah! ah!)
Good-by far a way
no train
Midnight の
列車れっしゃは no return
あさってへ心走こころはしらせて
(Ah! ah! ah! ah! ah!)
(Ah! ah! ah! ah! ah!)

そうさこのまま
なにもできないで
としをとって
ゆくのは ゴメンサ
こころがすりきれてゆくまえ
(Ah! ah! ah! ah! ah!)
(Ah! ah! ah! ah! ah!)
Good-by far a way
no train
Midnight の
列車れっしゃは no return
あさってへ心走こころはしらせて
(Ah! ah! ah! ah! ah!)
(Ah! ah! ah! ah! ah!)
Sixteen boogie
sixteen boogie
sixteen boogie
sixteen boogie
sixteen boogie
sixteen boogie
sixteen boogie