「キャッチボール」の歌詞 BUMP OF CHICKEN

2002/2/20 リリース
作詞
藤原基央,増川弘明
作曲
藤原基央,増川弘明
文字サイズ
よみがな
hidden
雨上あめあがりの並木道なみきみち
排気はいきガスとくさにお
きみぼくのななめまえ
せきをしながら
くるしそうに
わらった

あかびた鉄棒てつぼう
つくりかけのすなのダム
きみぼくうしろから
ゴムのボールを
しずんだそら
たかげた

「とれるわけないだろう!」 あきれながらも あわてて
「とれなくてもいい」と きみ微笑ほほえんでた

夕焼ゆうやけがわっても
キャッチボールはつづいてた
きみはちょっときたかお
おもいたかお
コントロール無視むし
カーブげた

「とれるわけないだろう!」 あきれながらも 必死ひっしでとる
「とれないとおもった」と きみおどろいてた

カーブのよう愚痴ぐち

える魔球まきゅうようやさしさ

きみのボールはいつも
とどかないところんでいく
きみはボールを何度なんど
ぼくげた

とれるわけないたまあきれながらも 必死ひっし
「とれなくてもいい」と 微笑ほほえんでしくない

いままで
見逃みのがした やさしさや愚痴ぐちやいろいろ 必死ひっし
キャッチボールはつづいていく いつまでもつづいていく

上手うまくなって 距離きょり
こころ近付ちかづいていく
きみこえとおくなり
きみのコエがちかくなる

カーブのようなグチ

える魔球まきゅうようやさしさ