「ディアマン」の歌詞 BUMP OF CHICKEN

2012/1/18 リリース
作詞
藤原基央
作曲
藤原基央
文字サイズ
よみがな
hidden
こわがりな少年しょうねん どんどんギターをひずませた
他人たにんすこしも わかってくれなかった
5Wゴワットのアンプが なるべくちいさく絶叫ぜっきょうした
ったまど 三日月みかづきのぞいてた

布団被ふとんかぶってイヤホン ラジオなかなかのボリュームで
キラキラしたおとからだはしまわった
大好だいすきなシンガー なんできなのかわからない
じれば すぐそばにいた たしかに

そのこえとこのみみだけ たった今世界いませかい二人ふたりだけ
まぶたのこうがわなんか いてけぼりにして

どこにだってける ぼくらはここにいたままで
こころなないから あのくものようにとおくまで
なんにだってなれる いまからだって気分次第きぶんしだい
退屈たいくつなシナリオも ちからずくでなおせる

なんにらないんだ 多分たぶん 全然足ぜんぜんたりないんだ まだ

つねだれかと一緒いっしょ たような恰好かっこう 無駄むだこえがでかい」
話題わだいかえし ジョークはテレビでた」
かたはげましい ケンカする 仲間なかま大事だいじ
そういうのを見下みくだしている はらそこ

こわがりな少年しょうねん どんどん自分じぶんつよくした
キラキラしたものの 裏側うらがわうたがった
わってしまったシンガー むかしのようにはうたわない
がっかりした そのうちなくした 興味きょうみ

易々やすやすゆるさないさ まがものばかりにかこまれて
まぶたのこちらがわで ずっと本物ほんものだけてる

大勢おおぜいひとがいて ほとんどだれかおない
生活せいかつつづくから 大切たいせつことだってあるから
情報じょうほうしくて ドアからドアへといそいで
こころてないから どうせくものようにえるから

なんにらないんだ 多分たぶん 全然足ぜんぜんたりないんだ まだ

われなかった少年しょうねん むかしのようにはわらえない
そういう意味いみでは わったとえるのかも
なにちたいのか どんどん自分じぶんつよくした
わかろうとしないから わかってくれなかった

われなかったシンガー おんなことしかうたえない
それをきだったころ自分じぶんは きっときだった
5Wゴワットのアンプが ちいさいながらも絶叫ぜっきょうした
けたら すべそばにいた いまだに

なつかしむことはない 少年しょうねんはずっとそだってない
昔話むかしばなしでもない 他人事ひとごとでもない でもしょうがない
なんにだってなれない なにようと中身自分自身なかみじぶんじしん
れたシナリオの その作者さくしゃおんなひと

アンプは絶叫ぜっきょうした 懸命けんめい少年しょうねんこたえた
シンガーはうたった イヤホンから少年しょうねんへと
どこにだってける ぼくらはここにいたままで
こころえないから あのくものように何度なんどでも

なんにらないんだ 多分たぶん 全然足ぜんぜんたりないんだ まだ
そのこえとこのみみだけ このこえとそのみみだけ