「ハルジオン」の歌詞 BUMP OF CHICKEN

2001/10/17 リリース
作詞
藤原基央
作曲
藤原基央
文字サイズ
よみがな
hidden
にじつくってた ばしたら えてった
ブリキのジョウロをぶらさげて くした 昼下ひるさがり
名前なまえがあったなぁ しろくて たかはな
視界しかいはずれで わすれられたよういてた

色褪いろあせて かすんでいく 記憶きおくなか ただひとつ
おもせる わすれられたままのはな

いつだったっけなぁ きずらした あの
にじんだ景色けしきなかにじまずに れてた
いつだったっけなぁ 自分じぶんうそをついた
ただしいリズムで かぜうたようれてた

いつのも ふと 気付きづけば ぼくのすぐそばで
どんなときしろいまま れてた だれのタメ? なんのタメ?

きていく意味いみくしたとき
自分じぶん価値かちわすれたとき
ほら える れるしろはな
ただひとつ おもせる れることなく れる

にじつくってた 一度いちど れてみたかった
大人おとなになったら はなわらばす ゆめ希望きぼう
ところが ぼくらは 気付きづかずに かえしてる
大人おとなになっても にじつくっては ばす

いくつもの景色けしきとおぎたひと
きみいま うごかすモノはなに?そのいろは? その位置いちは?

ゆめなら どこかに としてきた
希望きぼうはるかな距離きょりいた
ほら いまれるしろはな
ぼく気付きづかなかった いろ位置いちっていた

にじつくってた いつしかはなれてた
視界しかいにあるのは かぞえきれない みずたまりだけ
大事だいじなにかが おとてずにれてた
ブリキのジョウロが なみだちてった…

まだ
にじつくってる すがるようかえしてる
れられないってことりながら ばす
名前なまえがあったなぁ しろくて たかはな
れてわかったよ あれはぼくのタメ いてた

気付きづくのが おそくて うなだれた ぼく
らえたのは みずたまりのなかちいさな あたらしい

きていく意味いみと また 出会であえた
自分じぶん価値かちいま まれた

れても れないはな
ぼくなかふか

ほら ここに れるしろはな
ぼく気付きづかなかった わすれられていた名前なまえ
ぼくなかれるなら
れることなくれる るぎない信念しんねんだろう