「ファイター」の歌詞 BUMP OF CHICKEN

2014/11/25 リリース
作詞
藤原基央
作曲
藤原基央
文字サイズ
よみがな
hidden
気付きづいたらもうあらしなか
かえみちがわからなくなっていた
記憶きおくにおいばかりめた
からっぽのかばんをぎゅっとかかえて

ときうばあめかぜなか
えなくなってこえなくなってしまった
からだだけが自動じどうはたらいて
きそうなむね必死ひっしかばって

まったらえてしまいそうだから
いたみとあわせてこころかくして
かえったらまれそうだから
いまかえす 臆病おくびょうつめきば

ここにいるためだけに
全部ぜんぶさけんでいる
なみだ出来できおもいが
この呼吸こきゅうつなちからになる
いくつもなくなったあとに
つよのこった ひとつのこった

そのこえながほしのように
次々つぎつぎみみんではひかって
さかなのようにあつまりだして
つめたかったむねだまりが出来でき

オーロラがひろがっているってった
ふとあしもとのむしってわらった
自分じぶんのじゃない足音あしおった
すべてそのこえせてくれた

普通ふつうほうらないから
戸惑とまどっていたられてくれた
どれだけよるをくぐりけても
ずっとめないままのねつが みゃく

きみがいるそれだけで
全部ぜんぶかがや
こおりついたこころ
その鼓動こどうひびとも
わからないままでもそば
きみそばに 一番近いちばんちかくに

からっぽのかばんからっぽで
いとしいおもさをやしていく
おもくなる度怖たびこわくなった
つぶさないようにきしめた

つかむよ つかんでくれた
やみけ 臆病おくびょうつめきば

ここにいるためだけに
全部ぜんぶさけんでいる
ちゃんとまもれるように
つくられたからだまれたよ

涙超なみだこえた言葉ことば
その鼓動こどうからとど勇気ゆうきになる
きみがいるそれだけで
ああ まだあたたかい
いくつもなくなったあとに
つよのこった ひとつのこった

はなれない いつでもそば
ぼくなかに 一番近いちばんちかくに