「夢の飼い主」の歌詞 BUMP OF CHICKEN

2004/12/1 リリース
作詞
藤原基央
作曲
藤原基央
文字サイズ
よみがな
hidden
まれたときおぼえてないが 呼吸こきゅうはしていた
理由りゆういけど みのおやは ひとわかった
まだちいさくて しろからだ せてみた
彼女かのじょは やっと それに気付きづいて 名前なまえけた

「いつからそばたの? いてしいの?」
こたえるすべいから ただ せたよ
すこしは あったかいかな

くだらなかった 彼女かのじょ日々ひびおおきくわった
えさあたえて 散歩さんぽにもって 沢山たくさん さわった
首輪くびわいて ふくまでせて ひもつないだ
ひとれば せびらかして はなたかくした

すこしも はなれないの よく なついているの」
わすれられたくないから ひたすらせるよ
それで おぼえていてくれるなら

さみしくはないよ きみられるから
ただ 名前なまえんでくれること
すこしずつ ってきた

まれたときおぼえてないが 呼吸こきゅうはしていた
すで名前なまえとは はなれた 姿すがたにされていた
自分じぶんいろうごかたわすれてしまった
彼女かのじょも いつか けた名前なまえわすれてしまった

わりてた ゆめほほ涙落なみだおとした
さわってみても その感触かんしょくべつのものだった
自分じぶんせた ふくがして 涙落なみだおとした
あぁ そうだった こんなにしろからだをしていた

「このよごしていたの? じこめていたの?」
くるしかったくびから 首輪くびわはずれた
ぼく自由じゆうになった

いつでも そばるよ ずっと 一緒いっしょだよ
首輪くびわひもじゃないんだよ きみせるのは
すべぼく意志いし

さみしくはないよ きみきているから
ただ名前なまえんでくれるだけで いいんだよ
ねぇ それだけわすれないで