1. 太陽歌詞

「太陽」の歌詞 BUMP OF CHICKEN

2004/8/25 リリース
作詞
藤原基央
作曲
藤原基央
文字サイズ
よみがな
hidden
二度にどあさには出会であわない まど部屋へや動物どうぶつ一匹いっぴき
ドアノブがこわれかけていて れたら最後さいご れてしまいそうだ

このくらいさむほうがいい 本当ほんとうふるえにも気付きづかないで
不愉快ふゆかい不自由ふじゆうい そのぎゃくはじめから

たとえばわらってみろよ こっちもひたすらわらえるさ
そらのライトがらしてくれた ぼくにはすこまぶしすぎた
そしてだれもがくちそろえて 「かげしかえない」とった

二度にどあさには出会であわない まど部屋へや心臓しんぞうがひとつ
じていてもひらいてみても ひろがるのは くろ世界せかい

たとえばいてみろよ こっちはそれすらわらえるさ
きみがライトでらしてくれた あたたかくて 寒気さむけがした
ひかりこうのきみ姿すがたぼくにはえないとった

かくれんぼしてた れてった
つからないまま くらくなっちゃった
皆帰みなかえってった ルララルララ
かくれんぼしてた ずっとってた

たとえばしんじてくれよ こっちはなおさらうたがうさ
それよりさわってくれよ かげすらけていく世界せかい
かげじゃないぼくかたち

きみのライトをこわしてしまった まど部屋へやしかった
それがあやまちだと すぐに理解りかいした
ぼくさがしにてくれた ひかりこうのきみ姿すがた
永遠えいえんえなくなってしまった
それがたかったんだと気付きづいた

かくれんぼしてた れてった つからないまま ずっとってた
皆帰みなかえってった ルララルララ かくれんぼしてた きみってた

もう一度いちど あさ出会であえるのなら まどのない部屋へや人間にんげん一人ひとり
ドアノブがこわれかけていて
れたら最後さいご もうられはしない
れたら最後さいご もうもどれはしない