1. 飴玉の唄歌詞

「飴玉の唄」の歌詞 BUMP OF CHICKEN

2007/12/19 リリース
作詞
Motoo Fujiwara
作曲
Motoo Fujiwara
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼくきみしんじたから もう裏切うらぎられることはない
だってもし裏切うらぎられても それがわからないから
どうか きみじゃなく ならないで

かなしいとき うれしいとき どちらにしても ほら
こまるでしょうってさらく あんまりこまらないよ
飴玉あめだまあげる

何光年なんこうねんはる彼方かなたから やっととどいた飴玉あめだまだよ
そういう1いちミリをつないで きみ出会であえた ぼくがいるよ

えない神様かみさま ぼくらはいのらない
えきったきみの そのれて こころたよ

けないこと えないこと 上手じょうずはなせなくて
ない言葉ことば つよ気持きも時間じかんりないと

ぼくきみぼくことを ずっとおもことはない
だってさよならしないなら おもにならないから
さぁ ゆっくり下手へたはなしをしよう
言葉ことばらない はなしをしよう

何億年なんおくねんとおむかしから おたがっているひとがいるよ
そういう1秒いちびょうつむいで ぼくきている きみがいるよ

なない神様かみさま ぼくらはいのらない
せきをするきみねつれて いのちるよ

ぼくきみしんじたけど きみえたらどうしよう
かんがえるとまらないよ なにわからなくなる

いつかきみはなれるなら いっそわすれることにしよう
出来できるのかな 無理むりだろうな はなれたくないな

ぼくきみぼくことを ずっとおもことはない
だってわすれられないなら おも出来できないから

ねぇ こわいよ まらないよ 上手じょうずはなせやしないよ
きみぼくしんじてるの はなれたくないな

えなければ ななければ だけどそんなのきみじゃないよ
ぼくだよ きみがいいよ はなれたくないな

飴玉食あめだまたべた きみわら

てない神様かみさま けない いのらない
かぎりあるきみの その最期さいごれて すべてにつよ

えない なない ぼくらの世界せかい
そのれて ねつれて

ぼくわらうよ きみわらうよ

ぼくきみしんじたから