「66 号線」の歌詞 BUMP OF CHICKEN

2010/12/15 リリース
作詞
藤原基央
作曲
藤原基央
文字サイズ
よみがな
hidden
かなきゃいけないはなしまったあたまはいらないのは
あいされたくて 必死ひっしだから

もうわけないことだけど どうすること出来できません
あなたがけというよこぼくはこれをいてる

66 号線ごうせん途中とちゅう ふたけちゃって ごめんね
ああ だけどおかげで やっと見付みつけた

ぼくらない記憶きおくおそわれて いちゃった大切たいせつひと
ちかくにいられて うれしかった

かたこぼしてくれた なみだ出来でき音符おんぷつないで たてつくろう

こえくしたらぼくじゃなくなる それでもきだとってくれますか
ただ一言ひとことだけめてください それだけですべてをしんじる

こいつにはなんにもかなわないなって わらいながらさ
じつ結構けっこう 傷付きずつくんだぜ

勝負しょうぶなんかしたくない 本当ほんとうきらわれるのこわ
あなたがわらうのなら なんだってうた

いつかおしえてくれた 言葉ことば出来でき音符おんぷきたえて けんにしたよ

ぼくくしてもあなたでいられる それでもはなれずいてくれますか
ただそのてのひらでてください それだけでこころまもれる

ワクワクだとかドキドキだとか あなたとしかけられないよう
出会であまえからそだった いたかった

ぼくにだってきっとあなたをすくえる いまでもきだとってくれますか
あなたをくしてもぼくきていく それでもしんじていてくれますか

ただこのことだけうたがわないでね それだけでこえせたんだ
てたんだ うたえたんだ

かなきゃいけないはなしまったあたまはいらないのは
役立やくだちたくて 必死ひっしだから

ぼく見付みつけるまできてくれて 見付みつけてくれて ありがとう
あなたがえらんだ世界せかいに こんなうた出来できたよ