「Stage of the ground」の歌詞 BUMP OF CHICKEN

2002/2/20 リリース
作詞
藤原基央
作曲
藤原基央
文字サイズ
よみがな
hidden
ぼうとしたって 羽根はねなんか いって
ってしまった なつ
ふるゆめひと犠牲ぎせいにして
大地だいちっているって 気付きづいた

未来永劫みらいえいごうとどきはしない
あのつきも あのほし
とどかない場所ばしょにあるから
自分じぶん位置いちが よくわか

べないきみあるいていこう
絶望ぜつぼう出会であえたら をつなごう
かなしいよるえて わらおうとするなら
うたってやるよ ルララ

まよいながら 間違まちがいながら
あるいていく その姿すがたただしいんだ
きみ地面じめんは ホラ
360度さんびゃくろくじゅうど すべみちなんだ

Stageステージ ofオブ the groundグラウンド

孤独こどくてに まるとき
水筒すいとうのフタを ければ
出会であいとわかれをかさねた
自分じぶんかおが ちゃんとうつ

すれちがだれかが としていった
なみだかぞえる そのたび
やさしくなりたい」とねが
きみだれよりも
やさしいひと ルララ

そのあしたくされた
いくつものいのりのカケラたち
さけんでやれ しぼったこえ
ここまでたんだよって 胸張むねはって

Stageステージ ofオブ the groundグラウンド

つまづいた小石こいしあつめてあるけたら
きみかならふたたひかるだろう

那由多なゆたひろがる宇宙うちゅう その中心ちゅうしんちいさなきみ

きみをかばって ったゆめ
夜空よぞら応援席おうえんせきてる
つよさをもとめられるきみよわくても
うたってくれるよ ルララ

あのつきも あのほし
すべきみため舞台照明ぶたいしょうめい
さけんでやれ しぼったこえ
そこにきみるってこと

まよった間違まちがった
ライトはきみらしていたんだ
きみ地面じめんは ホラ
365日さんびゃくろくじゅうごにちいつだって

Stageステージ ofオブ the groundグラウンド