「Drawing」の歌詞 Bahashishi

2006/10/25 リリース
作詞
ユラリ
作曲
Bahashishi
文字サイズ
よみがな
hidden
いつのまにか ありのままの温度おんどして
束縛そくばくはな んでゆく
もとめていたひかゆめは そのはななかにあるの?
疑問ぎもんあしみつけたよ

なにりにしていた
こころこえいていたよ
わりという明日あすがないのなら
不安ふあんというわりがしい

のみこんでく吐息といき術探すべさがして
えがきたい絵画なかへ ぬりつぶしたいほどに
不器用ぶきようわたし真実しんじつ絵画いろ
いかけたこたえは いつも素直すなおなか

えたら?」ちぼうけのむねにそっと
やさしいたねをつくってみた
そのおおきくそだつなら たくさんみずをあげよう
この身体からだあふれるほどに

あのときいていたこえ
えがくたびに過去かこわる
何度なんどつなごうとしていた
笑顔えがおいと れないように

ひかゆめあいだうたがいのせたひとみ
こわれそうなおもいが 理想りそうつめていた
あなたへとつながる 涙色なみだいろ模様もよう
しんじてたねがいに いつかむすびつくように

ありのままのつよさが いつのまにかなくて
見失みうしなよわさで いつのまにかかくして
不器用ぶきようわたし必要ひつようすべてが
める居場所いばしょまもりたいだけなんだ

のみこんでく吐息といき術探すべさがして
えがきたい絵画なかへ ぬりつぶしたいほどに
不器用ぶきようわたし真実しんじつ絵画いろ
いかけたこたえは いつも素直すなおなか