1. はるまついぶき歌詞

「はるまついぶき」の歌詞 Bank Band

2008/1/16 リリース
作詞
櫻井和寿
作曲
小林武史
文字サイズ
よみがな
hidden
じたまま ながめている景色けしき あなたはそこにいて
くちをつぐんで げかけた言葉ことば わらっていてる

こころたたずんでるさびしさ
それすらたしかなあい姿すがた
自分じぶんにそうかせながら
おもいをまもっている

もるゆきおおわれた
春待はるま息吹いぶきのように
かすかでもひかりかうつよさをきしめたい

ときながれが
きてる意味いみ」に目隠めかくしする理由わけ
プラネタリウムとおんなじ。
暗闇くらやみがくれるひかりるため

こころかたちなんかない ぎゃくえば自由自在じゆうじざい姿すがたえていけんだ
くらうみそこしずんだでも 青空あおぞらんでいる

つよかぜにタンポポの綿毛わたげ未来みらいへとはこばれてく
かいかぜだろうとつばさにして
ねぇ ぼくらもばたけるかな?

おにわらう」なら それもいい
いつかぼくらも一緒いっしょわらえばいい
あきれるくらい未来みらいはなしをしよう
このまま

もるゆきおおわれた
春待はるま息吹いぶきのように
かすかでもひかりかうつよさをきしめ
いつのにか かいかぜだろうとつばさにして
きっと ぼくらもばたけるはず
あたたかなはるそらに・・・