「永遠の孤独」の歌詞 Barbarian On The Groove,璃杏

2010/10/27 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
あいしたかずだけの わかれとなみだ
ぼくらをやさしく つつ
そんなは いつもおなじように
むねなかのこわずかな希望きぼう
もとつづけてる
かってた きみのこと
うしないたくないと

またとおぎてく
時間じかんだけが ふたつのかげ
ひとつにして くれるはず
しんじたのに

あのそらがもう一度いちど 微笑ほほえんでくれたなら
きっと あるいてゆける
永遠えいえん孤独こどくくすぼくこころ
つかまえて
このままそそあめなかながなみだ
ぼくちかうよ
きみのことけっしてわすれはしないから
ずっと ぼくなかにいて

をつなぎ ふざけあっていた
ぼくらはいつでも
そんなかえつづくとおもっていた

まだ鮮明せんめいなまま
色褪いろあせずに のこ笑顔えがお
いとおしくて せつなくなる
この気持きもちは

永遠えいえんわらない だからぼく
まえかって あるいてゆける
大切たいせつなものをくしたいたみをかかえて
いまはただ
にしたぬくもりがきみぼくつないでくれる
だからもう一度いちど
このそらねがとどくまでいのりをこめて
うたつづけるよ

ぎてゆく時間とき 何度なんどでも
季節きせつをこのむねなかもど

あのそらがもう一度いちど 微笑ほほえんでくれたなら
きっと あるいてゆける
永遠えいえん孤独こどくくすぼくこころ
つかまえて
このままそそあめなかながなみだ
ぼくちかうよ
きみのことけっしてわすれはしないから
ずっと ぼくなかにいて