「PERFECT BLUE」の歌詞 Base Ball Bear

2013/2/13 リリース
作詞
小出祐介
作曲
小出祐介
文字サイズ
よみがな
hidden
むせびいたみたいな とおあめがやんだ
いつかの慟哭どうこくのことをおもしてしまうな
ひとり行進こうしんをしながら ある鉄塔てっとう足元あしもと
ざわめくむねにあふれた そそぎたてのサイダーのおと

とおくでけむりのぼっていく
そらにかけた梯子はしごのように 天井てんじょうかってのびていく

きみんだ あのなつ むきしの太陽たいようにくちづけしようと そっと
いあがった そのくろかみ りんとしたあおそらにとけてしまったのにね
いたいよ また、きみ

散弾銃さんだんじゅうみたいな つよあめってきた
つめたくなったれたよるもそうだった

あれから何度なんど季節きせつがめぐったんだろう
あたらしいかぜきみらない季節きせつがほら、はじまるよ

Boy meets girl それがすべて きみがいてぼくがいた日々ひびはきっと 永遠えいえん瞬間しゅんかん
せなかった きみへの手紙てがみ 結局けっきょく カバンのそこにしずめてしまったのにね
なぜ 返事へんじってる

ほとんどをわすれ たくさんをうしな
でも あおきみうつくしくなる

むせびいたみたいな とおあめがやんだ
あたらしいかぜかい ぼくきみらない季節きせつを さぁ、いこう

きみんだ あのなつ むきしの太陽たいようにくちづけしようと そっと
いあがった そのくろかみ りんとしたあおそらにとけてしまったのにね
いたいよ また、きみ

もうすぐなつがくる