「夜花火」の歌詞 BeForU

2007/7/11 リリース
作詞
小坂りゆ
作曲
長嶺和哉
文字サイズ
よみがな
hidden
だれでもむねおくにある
キレイではなやかで夢中むちゅうになる
夜空よぞらける おおきなこい
ぼくむねおく目覚めざめた ちいさくひかはじめていた
まだまだよわとどかない・・・

ちかいのにとおえた
さえぎるものばかり
きみとおざかってく

無数むすうひかりなか 一度いちどきりはかなゆめ
がつくとおともなく
こわれそうだった
たりまえ景色けしき今日きょうすこくもってた
らないままりゆく
ひらひらとよる花火はなび・・・そっと。

げてはげてないふりして
モヤモヤおもいにウソついて
罪悪感ざいあくかんばかりだけど
すべてが空振からぶりながして 被害妄想ひがいもうそうくす
むずかしくしてるのはぼく

ちかづくとちかくにいた
ないふりをしてた
ぼくにサヨナラをした

無数むすうひかりなか 無我夢中むがむちゅうんだ
まらないめられない
まるはずなくて
えないでいつまでもキヲクのなかどこまでも
あでやかなこのそら
げたよる花火はなび

かぜ味方みかたにならず見放みはな
あめたのしそうにりしきる
ほし苦笑にがわらいしてまたた
つよくなれずこころモドカシク
きみへつのるおもいとともによるがはじけた

ちかいのにとおえた
さえぎるモノはない
きみとおざかってく

無数むすうひかりなか 一度いちどきりはかなゆめ
がつくとおともなく
こわれそうだった
たりまえ景色けしき今日きょうすこくもってた
らないままりゆく
ひらひらと

えないでいつまでもキヲクのなかどこまでも
あでやかなこのそら
げたよる花火はなび・・・そっと。