「ハレワタル空の下」の歌詞 C@n-dols

2013/4/4 リリース
作詞
吉田ゐさお
作曲
吉田ゐさお
文字サイズ
よみがな
hidden
足音あしおとならして そら見上みあげれば
なみだがあふれて 地球ちきゅうにしみてった
つかれたカバンに むりやりんで
だれにもげずに 3年前さんねんまえ旅立たびだった

星空ほしぞらゆめは はるかこう 目指めざ大地だいち

全力ぜんりょくこわれるほうすこしはましなのかな?
だれこたえをおしえて げやりには ならないから
またえる気持きもちになれば いつでももどれるけれど
はしつづけてづいたら ハレワタルそらした

あおとりって ここまでたけど
モノクロ写真しゃしんいろヅキはしない
ときはふたつって かみすこって
いつかの何所どこかに ボクらはたどりいた

ちかづいてれる 独特どくとくのユルい空気くうき

現実げんじつながされるのも すこしは大丈夫だいじょうぶかな?
キミはやんわりへの字口じぐち 見透みすかされているんだよね
ボクらのココロのなかには せない火種ひだねがあるの
ありがちなはなしはのちほど ここはまだゴールぢゃない!

全力ぜんりょくこわれるほうすこしはましなのかな?
だれこたえをおしえて なげげやりには ならないから
またえる気持きもちになれば いつでももどれるけれど

はしつづけてづいたら ハレワタルそらした