「冥海千里」の歌詞 C-999

2008/4/2 リリース
作詞
遠藤慎平
作曲
遠藤慎平
文字サイズ
よみがな
hidden
しの中見なかみないようにとまるめてんで
かぎしてわすれたふりして幾日いくひっていった
夢見ゆめみ旅立たびだやつらを きみわらっていた
自信じしんのない自分自身じぶんじしんかくしていただけ

いつだって しまいんで
怖気おじけづいて まって

冥海千里めいかいせんりてまではしすようなおも
何百回なにひゃくかいんだ さあ つぎさけんでやれ
ひかり などなくて暗闇くらやみいても
ばすそのが そう ひかりだって気付きづいて

かぎなどなくてもまって かないしを
ふるえるそのいま つかんでいてく

いつだって ここにあった
昔書むかしかいた ゆめった

はじめてきみ大勝利だいしょうり
なが旅路たびじ一歩いっぽ 第一歩だいいっぽ
わすれたことは一度いちどもなかった
ゆめはずっとこのっていた

何千何百なんぜんなんびゃくときが やがてったら そこで
ほこらしく 胸高むねたかく いつかいつか こうさけんでやれ
冥海千里めいかいせんりてまで はししたよ あの
たとえくずちても まだまだとさけんでやる
ひかりなどなくて 暗闇くらやみいても
ばすこのを そう いま ひかりぶんだ

どこへこうか てしないゆめ