「夢見月」の歌詞 C-999

2008/4/2 リリース
作詞
遠藤慎平
作曲
遠藤慎平,小野田卓史
文字サイズ
よみがな
hidden
いま ほこ桃色想ももいろおも
今年ことしもまたはるにおいのなか
こころめた 夢見月ゆめみづき
いま二人ふたり いられたなら

花占はなうらないし放題ほうだい 無邪気むじゃきわらきみがいつも
なんてそれはあのまでで 突然とつぜん 君一人きみひとり ほしになった

記憶喪失きおくそうしつでも わすれられぬ おも 約束やくそく のこしたままで

いま ほこ桃色想ももいろおも
今年ことしもまたはるにおいのなか
こころめた 夢見月ゆめみづき
いま二人ふたり いられたなら

花見時はなみどき にぎわえる さくらながめてきみはいつも
わたしなら ひそやかに 一人ひとりのためだけにいていたい…」

記憶喪失きおくそうしつでも わすれられぬ
あの言葉ことばよみがえ
それなら いまなら 一人咲ひとりさいている
きみってる 一人ひとりためいている

いま はしきみへのおも
ふたたえるかのようにさがした
おろかなおもわらとき
うつった 桃色ももいろ

一度いちどでいいからせたかったな
こんなにみだれるさくら
一人見上ひとりみあげて いるはずない
きみ二人ふたり はなしている
きみいまこころにいる