1. 風の歌歌詞

「風の歌」の歌詞 C-999

2008/4/2 リリース
作詞
遠藤慎平
作曲
遠藤慎平,小野田卓史
文字サイズ
よみがな
hidden
夜明よあけのかすかなひかりぼくらの位置いちらしした
二人乗ふたりのりでけた自転車じてんしゃ
みみをこするつめたいかぜ うつかすかなかげ
なにかをさがして夢中むちゅうけていた

なにかがそらからってきて おもどおりの自分じぶんになって
いつのかがやくとおもってた
っているだけの背中せなかきみされあしせたんだ
つかまってろ はししたんだ

えなかったぼくらの位置いち それでもただすすんでいく
夜空よぞら見上みあげて きみつぶやいた

たとえ ぼく今闇いまやみなかかぞえきれないほどころんでも
それでもつづいていくこのみち光求ひかりもと

さきなんてまってないさ だけどここにまっていたって
錆付さびついていく こころ歯車はぐるま
タイヤの空気くうきけたって ちからいっぱいペダルをいで
すこしずつかぜったんだ

えなかったぼくらの位置いち それでもただすすんでいく
夜空よぞら見上みあげるぼくつぶやいた

たとえ きみ今闇いまやみなかかぞえきれないほどころんでも
それでも つづいていくこのみち光求ひかりもと明日あしたけてゆけ

かえればきっといつだってえる
くしたものとか わすれたもの
そのときまよわずみちかえせばいいさ

かぞえきれないほどころんでも いたみをかんじるならそれでいい

やがて夜明よあけのひかりして つよびてゆく二人ふたりかげ
その時初ときはじめてぼく気付きづいた ひかりいま ぼくらをらした