1. アザヤカナキセキ歌詞

「アザヤカナキセキ」の歌詞 CASCADE

1999/2/24 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
木枯こがらしが
ふゆあめゆきえた
めぐる季節きせつ
きみ瞳濡ひとみぬらしてゆく
足音止あしおととめて

きみのことつけたのは
ぼくのほうさ
ずっと一緒いっしょ
いるだろうって
すぐにわかった
しずかな出逢であいの記憶きおく
うでなかはしゃいでた
きみおも
見果みはてぬゆめ
夢中むちゅうはなしたくちびる
いつまでもわすれない
ぼくらはかがやいていた
キセキさえしんじてた
あざやかなはる
かならずおとずれる
いつかまた出会であうなら
きみであるように
きみであるように

ひるよるあさ
きみあいしつづけた
出会であまえ
ときもどすかのように
すこしずつ色褪いろあせる
紫陽花あじさい
かげ微笑ほほえんでいる
きみ写真しゃしん
あざやかなはる
かならずおとずれる
まれわっても
きみ出会であいたい
どんなにとおはなれても
なにわらないきみへのおも
きみへのおも

ながれゆく季節きせつなか
きみがうつむく
カバンにつめた
かなしいしあわせのノートは
このそらげよう
約束やくそくゆめ写真しゃしん
あどけない笑顔えがお
あざやかなはる
かならずおとずれる
いつかまた出会であうなら
きみであるように
あたらしいはる
やがておとずれる
まれわっても
きみ出会であうように
きみであるように
きみはここにいる