「ロケットの樹の下で」の歌詞 CHAGE and ASKA

2001/4/25 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
「そこからえるすべてがいまおれだ」とわら
言葉ことばえらぶと なんだかおまえさみしくさせるかな

無駄むだ孤独こどくあつぎたね
られた場所ばしょて あのまち見下みおろさないか
かえしたい言葉ことばがあるんだ

ここは途中とちゅうたび何処どこかだ
ひとつだけおおくても ひとつなにりなくても
わるもんじゃない

わることがいくつか つづいただけさ
まえのコピーも 大人おとなになればわかってくれるさ

ときまわりのやつえらおもえて
のこされた気持きもちになって 自分じぶん使つかえなくなる
はるかなものをもどおうか

ここは途中とちゅうたび何処どこかだ
ひとつだけおおくても ひとつなにりなくても
わるもんじゃない

突然とつぜんあめ 合図あいずもなしに
ゴールをあらそうような いきおいでんだ
ふるいロケットのような あのおかした

ここは途中とちゅう景色けしきわる
ここは途中とちゅうたび何処どこかだ
ひとつだけおおくても ひとつなにりなくても
わるもんじゃない

あのロケットのした