1. 南十字星歌詞

「南十字星」の歌詞 CHAGE and ASKA

1982/2/14 リリース
作詞
飛鳥涼,松井五郎
作曲
飛鳥涼
文字サイズ
よみがな
hidden
あおさがしみる 窓越まどごしのそら
むねのきざみは ときえる
くもをぬけてく 流線形りゅうせんけい
はじくまぶしさ おまえのひとみにみたい
不思議ふしぎおも みなみしまによせる なみにかわるかがやなつ
わかれまぎわに なにかいかけた
おまえのくちびる ゆびでおさえて
かならずくるよ いにくるよと
小麦色こむぎいろはだ 約束やくそくきつけた
あふれるおもいが みなみそらをかける うみをわたるかがやなつ
いま あいをのせた 南行みなみゆきのおおきなとりそらをみた

南十字星みなみじゅうじせいを ひきもどせるか
まぼろしよりも あつ日々ひび
たとえゆきずりの こいだとしても
おまえのこころ 裏切うらぎりたくはない
ひとりのまよいをほどいた とおえる ゆめにかけるかがやなつ
いま あいをのせた 南行みなみゆきのおおきなとりが はばたいた