「夏は過ぎて」の歌詞 CHAGE and ASKA

1990/7/21 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
がりくねったほそみち れてぎたるつむぎ貴女あのひと
しろ日傘ひがさえしゆびにも わすれぬあののしぐさそのままに
あれから季節きせつ幾度いくたび まれんでいったのでしょう
かぜかんだえりしろさも らぬだれかのためにとおもわれて

おもいもよらぬ二人ふたり再会であいこころれてときさえまわらず
戸惑とまど貴女ひとかげいかけあしはやめる むなしさみしめて
あれから季節きせつ幾度いくたび まれんでいったのでしょう
あかあせばみゆる爪紅つまべに おんなになりし貴女息あのひといきづかせ

坂道さかみちくだ二人ふたりかげむすんだいともほぐれてしまって
影踏かげふみしめるわたしあし過去かこしあわきずったままです
あれから季節きせつ幾度いくたび まれんでいったのでしょう
かえれとはえずもどれともねがえぬ とおとお昨日きのううしろから
かえれとはえずもどれともねがえぬ とおとお昨日きのううしろから