「水の部屋」の歌詞 CHAGE and ASKA

1990/8/29 リリース
作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼
文字サイズ
よみがな
hidden
とびらけたら
あめなか自転車じてんしゃ
ふる写真しゃしんつめられたら
うごけない
ぼくめたひと
レンズをしぼりながら
こころなかまぎんだまま
しろになる
ああ 桜散さくらちもんをぬけて
はははし
ぼくはあのくつをぬいで
かぜえた いろえた
景色けしきなか
やがてきみ
この部屋へやかえって

かたぬくもりの
よこきみるけど
なにかひとつは
かかえてるもの おなじだね
ちかづく明日あす
とおざかる昨日きのう
おなじところに
辿たどくような……
ならあるこう
ああ がみのやさしさで
あいかんじてける
くしたものなにもないよ
かぜえた いろえた
景色けしきなか
いつもふたり
この部屋へやいとをつなぐ
ぼくおさなゆめ
きみたずねたなら
もっときみを もっとぼく
もっときになる
ぼくおさなゆめ
きみたずねたなら
みず部屋へやいまてる
やがてきみと この部屋へや
かえって