「砂漠のイリュージョン」の歌詞 CHAGE and ASKA

1986/4/21 リリース
作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼
文字サイズ
よみがな
hidden
べにならあかがいい
つかむ薔薇ばらとげ
ちたおんないろがいい

どうやらこいならば
あなたへかたむいた
よるのめまいにはこばれて

ガラスの都会とかい砂漠さばくのイリュージョン
スローな吐息といきをおよいで
そんなかすかな余韻よいん夢見ゆめみてる

波打なみうつざわめきに
からだをつつまれて
しろいシーツに言葉ことば

こころこいじたく
まばたきするごとに
れるくちびるわらない

ガラスの指先ゆびさき 素肌すはだをかすめて
せつなさぎたらあぶない
ただのあやとりあそびにがついた

ガラスの都会とかい砂漠さばくのイリュージョン
スローな吐息といきをおよいで
そんなかすかな余韻よいん夢見ゆめみてる