「群れ」の歌詞 CHAGE and ASKA

1999/6/9 リリース
作詞
飛鳥涼
作曲
飛鳥涼
文字サイズ
よみがな
hidden
いつまでも おれ
あの姿すがた
めようと
するれがいる
このそらにだって
あなけちまう時代じだい
おれ足跡あしあと
言葉ことばうみをつくり
およげないと
手編てあみのはし
わた途中とちゅう
おんならないりで
いてくれる
ちいさなせき
ひとつしただけで
とんだはなし
出来上できあがってる

となりぬくもり
かんじるベッドで
大丈夫だいじょうぶだよ”と
くちからこぼれた
たしかなものやこたえは
だれにもいんだ
こいはじまりと
わりだけに
まわりは興味きょうみをもつんだ
背伸せのびはすんだ
天気てんきはのんきだ
しけたマッチで
おれ湿しめらすな
さびしいことは
もっとほかにある
いつもいつも おもうこと
自分じぶんなか自分じぶん
よくけてしまう
そして あい勇気ゆうき
どこまで一緒いっしょだろうか

背伸せのびはすんだ
天気てんきはのんきだ
しけたマッチで
おれ湿しめらすな
さびしいことは
もっとほかにある
いつもいつも おもうこと
ふたつは・・・・
どこまで・・・・